HOME ■ 綱引掲示板検索

 必勝法教えて   2008年8月11日(月) 13:39
[削除]
綱引きの必勝法教え下さい

 コスモレディースさんのHPをみて 山崎  2008年7月16日(水) 0:39 Mail
[削除]
こんにちは。私はAPUで学園祭実行委員会をやっている山崎といいます。
今回、学園祭に大分コスモレディースさんに出演していただきたいと思いまして、連絡先を探しているのですが、HPを一時閉鎖していて連絡を取ることが出来ていません。そこでどなたかお知り合いがいらっしゃる方、私に連絡をしていただきたいと思います。
上記に返信をお願いいたします。

失礼いたします。

 RE:コスモレディースさんのHPをみて Webmaster  2008年7月16日(水) 8:08 [削除]
はじめまして、Webmasterです。
メールでご連絡しました内容を返信してください。
(山崎さんの連絡先を先にメールしてください。それを大分コスモレディースに転送します。大分コスモレディースから山崎さんに直接連絡してもらうようにします。)

 無事 Webmaster  2008年7月18日(金) 13:01 [削除]
連絡がとれて良かったです。
後は、当事者同士でお話してください。

 大分国際交流会館 綱引きチーム メンバー募集 武藤 直樹(大分国際交流会館)  2008年7月24日(木) 20:35 Mail [削除]
山崎さんへ
私は、別府京町にある大分国際交流会館の館長の武藤です。
約200名のAPU等の留学生が住んでいますよ。
私たちは、今年行なわれる第63回大分国体の綱引きに参加するため
昨年末から国体事務局や競技団体と協議しながら、ついに大分国体に
留学生チームで国体の綱引きに出場することになりました。
なんと、63年の国体の歴史の中で留学生チームが出場するのは初めてなんですよ。
我がチームの練習会に大分コスモレディースの方に指導に来てけれたこともあります。また、6月29日に行なわれた大分県体にも一緒に出場しました。
大分県体では、我がチームは初出場で、男子6位、女子5位、混合4位でした。みんなとてもかっこよかったですよ。もっと多くのみなさんの前で試合を見せてあげたかったです。
残念ながらコスモとは対戦はできませんでしたが、私は、留学生や大分の人に大分を体で楽しんでもらうためにコスモレディースと対戦することを目標にチームを作って練習に励んでいます。我がチームも総勢70名を超えるメンバーになりました。
私たちは、別府市NO.1のチームを目指しています。
強さだけではなく、綱引地域交流チームでありたいと考えています。
学園祭の内容はわかりませんが、もし、可能であれば、エキシビジョンマッチで大分国際交流会館綱引きチームと大分たコスモレディースTCの綱引試合や綱引き講習会などができればぜひ協力させていただきたいと思いますので、ぜひ連絡ください。
大分の綱引きの発展にもなるのでコスモの方も協力してくれるのではないでしょうか。
我がチームの活動内容や更なるチーム強化のために現在HPにてメンバーの募集も行なっています。
JASSO OITA(叉は大分事務所)で検索し、ぜひご覧くださいませ。
大分国際交流会館館長 武藤
0977−73−5500

 ドラゴンボート綱引き大会 Webmaster  2008年7月17日(木) 14:28
[削除]
マーライオン公園前で、ドラゴンボート綱引き大会−日本チームも参加

今年で2回目となった世界初のドラゴンボートによる綱引き大会。
日本人が主体の「沖縄ドラゴンボートクラブ」も昨年に引き続き参加
 シンガポール・リバー河口のマーライオン公園前で5月10日、「Ultimate DragonTug Showdown 2008(究極のドラゴンボート綱引き)」が行われた。

 ドラゴンボート綱引きは、横に並べた定員12人のボート2隻の船尾をケーブルでつなぎ、スタート地点から20メートル先のフラッグを先にとったチームが勝ちとなる競技。世界初のドラゴンボートによる綱引きとして昨年から始まり、今回で2回目を迎えた。

 当日はシンガポールでドラゴンボートを行っているローカルチーム、在住外国人が中心のチームなど17チームが参加。男子、女子、男女混合などの5種目が行われ、男子軽量級、男子オープン共にチーム「カナディアン」が制した。

 カナダ、ドイツ、南アフリカ、シンガポール、日本人などの多国籍なメンバー60人からなるカナディアンのキャプテン、ジェリー・パターソンさんは「今回の優勝は、初めてライバルのオーストラリアチームに勝てたので格別だ」と喜びのコメント。6月にあるドラゴンボート大会での外国人チーム部門で、昨年に引き続く2連覇を目指して週4回のトレーニングを継続していくという。

 日本人が主体の「沖縄ドラゴンボートクラブ」も昨年に引き続き参戦したが、予選リーグで敗退。大会最後のエキシビションマッチにも出場したが、これも敗戦した。(のちに相手チームの反則により、ドロー裁定)

 チームキャプテンの竹下聡一郎さんは「昨年に比べると善戦したと思う。課題は持久力だということがわかったので、6月のドラゴンボート大会に向けて頑張りたい」と次回への抱負を語った。

Ultimate Dragon Boat Tug
(2008-05-16)

シンガポール経済新聞より転載

 チーム事務局変更案内 高橋  2008年5月26日(月) 23:53 Mail
[削除]
宮城県のもとよしTCというチームで選手をしている高橋厚浩といいます。
今までは鈴木か菅原に案内いただいておりましたが、このたびチーム内の事務局となりましたので、特に東北のチームの方々よろしくお願いします。大会案内等は私のほうにお願いします。(上記のMail参照)

それでは今後ともよろしくお願いいたします。


 大分国際交流会館 綱引きチーム メンバー募集 武藤 直樹(大分国際交流会館)  2008年5月22日(木) 14:46 HP Mail
[削除]
2008年10月5日 42年ぶりに第63回チャレンジおおいた国体が大分で開催されます。デモスポとして、大分県宇佐市安心院(あじむ)にて綱引競技が行なわれます。
大分国際交流会館(大分県別府市)は、平成13年に開館し、約20ヶ国・200名の外国人留学生等が住んでいます。
留学生の人口比率が日本で2番目に多い大分県にある、本会館としては、国体や綱引きの魅力を世界に発信できればと思い「おおいた国体」に留学生を中心とした地域連携チームとして出場するためにチームを結成し練習を開始しました。
平成20年5月28日(水)午後7時〜10時の記念すべき第1回練習日には、あの「大分コスモレディス」が指導に来てくれるそうです。
一般の人も参加・見学できますので、お気軽に本会館にお越しください。
大分国際交流会館については、ネットで「JASSO大分事務所」で検索できます。
問合先 TEL:0977−73−5500 大分国際交流会館長 武藤直樹

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34
全 375件  [管理]
CGI-design